秋に活躍するカラー~マストな差し色は~

秋は暖色系が大活躍する季節です。
ブラックやブラウン、キャメルやベージュといったカラーはもちろん、ホワイトも多く取り入れられる傾向にあります。
これらのカラーだけを取り入れてコーディネートをしていると暗めの印象を与えたり、アイテムは変わっても変化のない単調なコーディネートになってしまいます。

そこで上手に差し色となるアイテムを取り入れてコーディネート全体にオシャレ感をプラスしていくことが必要なのです。

まず、活躍するカラーはレッドです。
レッドといっても鮮やかなレッドではなく、少し濁りの入ったレッドが効果的です。
インナーにチョイスしたり、シャツのカラーにすることで他の色と絶妙なフィット感を演出し、おしゃれにコーディネート全体を彩ってくれます。
特にチェック柄として用いると効果的でチェック柄に取り入れる場合には他にもブルー、グリーンなども差し色として非常に人気が高いです。

次に注目すべきカラーはピンクです。
こちらも鮮やかなショッキングピンク系ではなく、薄めのピンクが秋ファッションにはフィットします。
ピンクはホワイトにもブラックにも映えますし、ベージュやブラウンとも相性がいいカラーなので、インナーとして用いるといいでしょう。女性であれば髪留めやブレスレッド、アクセサリーに持ってきても可愛らしさを演出できるカラーです。

3つ目の秋コーデ差し色カラーとして挙げられるのはグレーです。
これは春ファッションにも取り入れることができるテクニックですが、グレーとホワイト、グレーとブラックのカラーコーディネートはおしゃれ感を演出するのに適した組合せなのです。
ブラックとホワイトのちょうど中間に位置するカラーであるからこそ、どちらとも合わせることができ、また、他のカラーとの相性も抜群。
先に挙げたレッドやピンクと合わせて暖色系以外での秋物コーディネートを可能にしてしまうほどのバリエーションに富んだカラーなのです。
グレーで注目したいアイテムはアウターであるコーディガンやカーディガンです。
グレー独特のきれいさと美しさでコーディネートのエレガントさをプラス。
他のカラーにはない美しさ、大人っぽさをファッションに取り込んでくれるスペシャルカラーです。

また紫外線の残る初秋に活躍するカラーとしてネイビーが挙げられます。
夏が終わっても日差しが厳しい残暑の初秋にはネイビーが紫外線予防には効果的です。
紫外線を予防するカラーとしてブラック以上に効果があると実証されているカラーとしてここ数年で注目されているカラーです。
ブラックよりも明るく、ブラウンよりも濃い絶妙のポジションにあるカラーなので、淡色系と組み合わせることでより美しく映えるカラーでもあります。
組合せが他のカラーと比べて難しい傾向にありますが、グレーと組合せがしやすいカラーでもあるので、シーンに応じて使い分けをすることで違った印象を与えることができるカラーでもあります。

最後に、明るめのオレンジ、ブルー、レッド、イエロー等も差し色としてとても効果的です。明るめのカラーはワンポイントとして使うととても効果的です。
トップスやアウター、ボトムス等が暖色系で統一される傾向にあるため、ヘアアクセサリーとして取り入れたり、バッグ等に取り付けるキーホルダーにチョイスすることでファッション全体の差し色としての効果が期待できます。
全身の色合いとは違ったカラーを合わせることで上手にコーディネートをまとめることができるため、手軽におしゃれを演出したい場合にもってこいです。

暖色一辺倒ではなく上手に差し色を取り入れることでコーディネート全体にアクセントを。
秋ファッションは上手な差し色チョイスできれいに美しく、かっこかわいく仕上げていきましょう。

秋に活躍するカラー~ベージュ~

秋の定番カラーの1つであるベージュ。
ベージュを上手にコーディネートに取り入れることで大人っぽい落ち着いた雰囲気を演出することができます。
ベージュ独特の柔らかく暖かな印象は、秋だけでなく冬や春にも合わせやすいアイテムなので、他の秋に活躍するカラーアイテムと比べて比較的長い季節に使えることが利点の1つとして挙げられます。

ベージュと相性がいい組み合わせのカラーとしてはホワイトとブラックが挙げられます。
ホワイトと組み合わせると優しい暖かな雰囲気を演出することができます。
ビシっと決めるというよりはカジュアルテイストのラフで楽なスタイルにマッチしているコーディネートと言えます。
一方、ブラックと組み合わせることでシックさを演出することができるため、女性らしさ、男性らしさを強調することができ、おしゃれで高貴な印象を与えることができます。

ベージュを取り入れる箇所、アイテムとして代表的なものはやはりカーディガンです。
ベージュのカーディガンはおしゃれの必須アイテムとして中高年を中心に定着しつつあります。
ホワイトのパンツにベージュのカーディガンをプラスするだけで可愛らしいおしゃれなコーディネートが完成します。
また、トップスにホワイトを合わせると、トップスを包み込むような印象を与えることができるため、非常に効果的に優しい雰囲気を演出できます。

ブラックのトップスやボトムスとも相性が非常にいいため、パターンが確立されつつあるコーディネートになりますが、ハズレのないコーディネートが可能になります。

また足元にベージュをチョイスするスタイルも非常に効果的です。
足元のおしゃれはブラックかダークブラウンに人気が集中します。
そのポイントにあえて暖かな印象を与えるベージュを組み合わせることでファッション全体に軽さをプラスすることができるため、重く映らない軽やかなファッションスタイルを確立できます。

また、女性であればバッグにベージュをチョイスするスタイルも人気が非常に高いです。
秋ファッションは全体として暖色系が多く、暗く地味な仕上がりになりがちです。
そこに差し色としてベージュをチョイスすることでコーディネートの中に明るいカラーとして非常に映える効果があるのです。

また、帽子にベージュをチョイスする方法もあります。
全身が暗めのカラーの場合は完全に浮いてしまうコーディネートになりますが、ワンポイントで淡色が入っている場合は帽子とその部位とで調和してくれる作用があるため、全体的に引き締まったコーディネートが可能になるのです。

見せベルトとして使う方法もあり、元々の肌のカラーとマッチングしているのでさりげない引き締め効果が期待できるのです。

他にも女性限定になりますが、髪留めに持ってきたり、財布に持ってきたりとベージュは様々なアイテムにチョイスすることができるカラーなのです。

秋冬ファッションの定番だからこそ、暗めなカラーをチョイスしがちなコーディネート。
そこに明るい差し色として豊富なカラーとマッチングするベージュをチョイスすることでファッションにエレガントさをプラスしていきましょう。

女子高生のカーディガンでもネイビー、ホワイト、ブラック以上にベージュに人気が集まるのはやはりベージュの持つ独特の暖かさと気品あふれる色合いにあるのではないでしょうか。

今でもボトムスにもベージュを取り入れているアイテムがあるため、他のアイテムのカラーに応じて、ベージュをコーディネートの中に1つは取り入れるといった縛りを入れてコーディネートを考えることもファッションを楽しむ上では非常に効果的な方法かもしれません。

上手にベージュを取り入れて、ファッションにエレガントさをプラスしていきましょう。

秋に活躍するカラー~ブラック~

秋ファッションの定番カラーといえば、ブラウンやブラックといった暗めのカラーを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
オリジナルTシャツ プリントでは最も人気な色の一つともいえます。
夏には敬遠されがちなブラック。やはり日光を吸収してしまうため、どうしても暑く映ってしまうので仕方ありませんね。

そんなブラックを着たいというストレス(?笑)を解消するかのごとく、秋ファッションには多くの方がブラックを取り入れます。
ブラックが持つシックな装いとエレガントさ、大人っぽい雰囲気はやはり人気の根強さを納得させてくれます。

ブラックはどの部位でも非常に効果的におしゃれを楽しめることができるカラーです。
用途も様々あるので、手持ちのアイテムにブラックがないという方はいらっしゃらないのではないでしょうか。

トップスにブラックをチョイスする場合、デザインを重視する必要があります。
秋ファッションにおいてトップスは室内ではとても重要な役割を果たします。デザイン性が高いものを選ぶことによって、屋内でおしゃれに移るように心がける必要があるのです。
秋冬ファッションではアウターが必需品になるため、どうしてもアウター込でのコーディネートが主流となります。脱ぐことを意識して脱いだ後におしゃれを演出できるアイテムをチョイスするようにしましょう。
Tシャツやシャツ、チュニック、ポロシャツなど様々な種類の中からお気に入りの1枚を選び、ボトムス、シューズは別のカラーで統一するようにしておきましょう。

ボトムスにブラックをチョイスするのは秋の中旬から終わりにかけてがベターです。
日中は暑さが残る気候なので、ボトムスのブラックが重く映らない気候になってから選ぶようにしましょう。
シューズはブラウン系との相性が非常にいいです。
また、アウターを他色にする場合はインナーをブラックにしたブラックコーデもとても人気があるコーディネートの1つです。

シューズにブラックを持ってくる場合は、若干カラーの違うボトムスを選ぶか、ボトムスに別のカラーを持ってくるように心がけましょう。
トップスともカラーを変えたほうが足元のおしゃれを演出しやすい傾向にあります。
上から下にかけてカラーがどんどん暗くなっていくスタイルにするととても全体に引き締まりが生まれます。

また、ブラックはアクセサリーでも大活躍するカラーです。
ブラックダイヤやブラックストーン、オニキスなどブラックを用いたアクセサリーの人気がここ数年で急上昇しています。
アクセサリーに取り入れることで女性であればエレガントさを、男性であれば男らしいワイルドさを演出することができますし、何よりアイポイント作りにも効果的です。

さらにはバッグ、ベルトにも用いることができるカラーです。
小物に用いることで高貴な印象を与えることができますし、様々なコーディネートに非常に合わせやすい性質も持っているため、小物のブラックは秋冬に大活躍するアイテムでもあります。

しかし、気をつけなければならないことは、扱いやすく合わせやすいブラックだからこそ、アイテムの種類が偏ってしまうことです。
ブラック、ブラックと集めるあまりにコーディネート全体がブラック仕様になってしまってはいつも同じという印象を相手に与えてしまいます。
合わせやすいブラックだからこそ、ブラックを上手に活かすためにホワイト、ブラウン、レッド、ベージュ、グレーなどの合わせやすく種類の豊富なアイテムを揃えていく必要があるのです。

ブラックアイテムに外れはありません。
ある程度であれば、コーデ全体のバランスを許容してくれます。
だからこそ上手にブラックを使って、他のカラーとのバランスを整えることでよりおしゃれを演出できるカラーなのです。
ブラックにこだわってこの秋のコーディネートを組み立ててみませんか?

秋に活躍するカラー~ブラウン~

秋のコーデはカラーバランスが非常に重要です。
重ね着が出来る季節でもあるため、1つ1つのアイテムの相性を組み合わせることがおしゃれを楽しむ上で非常に重要な鍵を握っています。

秋カラーの定番とも言えるブラウン。
ブラウンを上手にコーディネートに取り入れられるかが秋コーデのおしゃれの演出には非常に大切になります。

ブラウンを取り入れやすい部分は腰元と足元の2点です。
ベルトにブラウンはとても効果的におしゃれを演出するテクニックの1つです。
ブラック等の暗めの色にはシックに映え、ホワイト等の明るめのカラーにはコントラストによる引き締め効果が期待できます。
ウエストラインをキュッと絞って見せたいときにはうってつけのアイテムとカラーになるのです。
また、足元のブラウンはトップスとボトムスが非常に合わせやすいカラーでもあります。
以前はホワイトやブラック等のカラーが人気でしたが、ホワイトよりもシックで、ブラックよりも軽さを演出できるブラウンはとても人気の高いカラーなのです。

話は変わりますが、家具で人気のあるカラーもブラウンですし、日本人の方が髪を染めるといったときに最初にチョイスするカラーはブラウンが多いです。
無難なカラーといってしまえばそれまでですが、ブラウンというカラーは日本人にとってとても好感を与えやすいカラーなのです。

ブラウンと一概に言っても大きく3つの種類のブラウンがあります。
1つ目がキャメルです。
キャメルは明るめのブラウンで、明るさ、遊び心を演出してくれるカラーです。
夏の終わりから秋中旬にかけて取り入れるととてもおしゃれ感をアップさせてくれるカラーです。
ベージュととても似ているため、カーディガン等のトップスやブレスレッド、バッグ等に取り入れるといいです。
また、ホワイト系のトップスのウエストラインの絞りにキャメルカラーの見せベルトを合わせるととてもおしゃれな仕上がりになります。
さらに女性であれば足元に持ってきてもとても大人っぽく映すことができます。

2つ目にダークブラウンです。
日本人にとって非常に人気の高いカラーの1つで、ダークブラウンの持つ独特の雰囲気はエレガントな雰囲気を醸し出しつつ、落ち着いた大人の雰囲気を演出することに適したカラーです。
ダークブラウンをもってくる箇所は全身どこでもOKです。
その深みのあるカラーリングはどんなカラーともマッチしてくれます。
人気の高いホワイトやブラック、レッドやグリーン、ブルー等様々なカラーに絶妙にマッチするためとても手軽におしゃれが楽しめるカラーです。
家具や車内、建物の中等でもこのカラーは多く見られるため、様々な場所にフィットさせることができるスーパーカラーなのです。

最後にその中間に位置する通常のブラウンです。
明るすぎず、暗すぎず、絶妙な落ち着いた雰囲気を演出してくれるカラーです。
キャメル同様の使い方がいいですが、あえて差し色として取り入れると面白いコーディネートになることでしょう。
やや濃い目の印象を与えるので、ダークブラウンと併用して差をつけてみたり、キャメルと併用して軽いカラーリングの中で変化をつけてみる合わせ方も非常に効果的におしゃれを演出することができます。

様々なアイテムを同時に身につけることができ、様々なカラーをコーディネートに取り入れることができる秋。
その定番カラーとして日本人の多くに愛されるブラウン。
トップスに、ボトムスに、アウターに、アクセサリーや小物にと様々な場所に用いることができる万能カラーだからこそ、上手に組合せてあなただけのコーディネートを確立させていきましょう。
様々なブラウンの使い分けで秋コーデに秋らしさとおしゃれ感をプラスしていきましょう。

秋に活躍するカーディガンコーデ!

秋ファッションの代表的なコーディネートの1つ、カーディガンコーデ。
オフィスはもちろん、学生の方でもカーディガンが活躍する季節です。
プライベートでも着回しができるカーディガンは上手に合わせることができれば非常に効果的に大人っぽさと落ち着いた印象を与えることができる老若男女問わずに通用するコーディネートです。

Tシャツやシャツ、ブラウス等、トップスを選ばずに合わせることができるため、夏の終わりあたりから非常に活躍するアイテムでもあります。
女性であれば、インナーをノースリーブにしてカーディガンを合わせることでセクシーさを演出することも1つ、大人なコーディネートとして非常にポイントが高いです。

目的に応じて表情を変えられる点も人気の高い理由の1つです。
カジュアルに見せたいとき、大人っぽさを演出したいとき、動きを見せたいときとさりげないおしゃれ感をプラスすることができるため、手持ちでない方は1着は持っておいた方がいいアイテムです。

また、温度調整の観点からも非常に効果が高いアイテムでもあります。
通常、トップスの上から羽織るタイプは着ていてコーディネートが完成する傾向にあります。
しかし、カーディガンは肩にかけることで知的さをアピールできたり、腰巻きすることで遊びを演出することができます。
暑くなったら腰巻き、寒いなと思ったら羽織るという着こなし方ができるため、1着で2つのコーディネートを同時に実現してくれるアイテムなのです。
今では夏の終わりから秋にかけての温度調整はビジネスシーンでも非常に重要になってきます。

オフィスの冷房が効きすぎていることを感じる頻度も夏に比べて多くなる傾向にあるため、ひざ掛けとして使ったり、羽織ったりすることでカゼを予防する効果もあります。

カジュアルな着こなしをしたい方はなるべく薄めの生地を選ぶといいでしょう。
オフィスや秋中旬頃までなら使えるタイプのものが多く、カジュアル感が非常に強くなるため、着ていてとても楽ですし、見た目に軽やかさをプラスすることができます。

カーディガンを中心にコーディネートを組み立てる場合はやや厚めの生地を選ぶことが大切です。秋中旬から冬にかけて使うことができるコーディネートと言えます。
腰巻きによる昼夜の変化をもたらすことでオシャレ度は上がりますが、しわには注意が必要です。

また、秋の終わりから冬にかけてはアウターとして活躍させることもできます。
カーディガンのアウターバージョン、コーディガンです。
カーディガン同様にカジュアルでラフなスタイルにはぴったりのアウターでカーディガンに比べて重たい印象を与えますが、他のアウターにはないシンプルさの中におしゃれ感が融合した新しいこのアウターは若い世代を中心に非常に人気の高いアイテムです。

アウターといえば、ブラックやダークブラウン、キャメル、ホワイト、パープル等のカラーやデニム系が中心ですが、コーディガンであれば、おしゃれカラーであるワインレッドやグレーもアウターに取り入れることができるため、他のアウターと差別化を図ることが出来る点もおしゃれアイテムとして注目されている理由の1つです。

ファッションアイテムといえば、いわゆる私服と呼ばれるプライベートで活用する場合を指すことが多いです。
しかし、カーディガンは職場や学校、プライベートとどんな場面にもマッチする特別な存在感を持っています。
カーディガンを上手にコーディネートすることができれば、ギャップもつけやすくなるため、おしゃれテクニックの1つとしてコーディネートに取り入れていきましょう。
生地の暑さ、カラーリング、他のアイテムとの合わせ方と豊富なバリエーションでカーディガンコーデを極めましょう!