秋に活躍するカラー~マストな差し色は~

秋は暖色系が大活躍する季節です。
ブラックやブラウン、キャメルやベージュといったカラーはもちろん、ホワイトも多く取り入れられる傾向にあります。
これらのカラーだけを取り入れてコーディネートをしていると暗めの印象を与えたり、アイテムは変わっても変化のない単調なコーディネートになってしまいます。

そこで上手に差し色となるアイテムを取り入れてコーディネート全体にオシャレ感をプラスしていくことが必要なのです。

まず、活躍するカラーはレッドです。
レッドといっても鮮やかなレッドではなく、少し濁りの入ったレッドが効果的です。
インナーにチョイスしたり、シャツのカラーにすることで他の色と絶妙なフィット感を演出し、おしゃれにコーディネート全体を彩ってくれます。
特にチェック柄として用いると効果的でチェック柄に取り入れる場合には他にもブルー、グリーンなども差し色として非常に人気が高いです。

次に注目すべきカラーはピンクです。
こちらも鮮やかなショッキングピンク系ではなく、薄めのピンクが秋ファッションにはフィットします。
ピンクはホワイトにもブラックにも映えますし、ベージュやブラウンとも相性がいいカラーなので、インナーとして用いるといいでしょう。女性であれば髪留めやブレスレッド、アクセサリーに持ってきても可愛らしさを演出できるカラーです。

3つ目の秋コーデ差し色カラーとして挙げられるのはグレーです。
これは春ファッションにも取り入れることができるテクニックですが、グレーとホワイト、グレーとブラックのカラーコーディネートはおしゃれ感を演出するのに適した組合せなのです。
ブラックとホワイトのちょうど中間に位置するカラーであるからこそ、どちらとも合わせることができ、また、他のカラーとの相性も抜群。
先に挙げたレッドやピンクと合わせて暖色系以外での秋物コーディネートを可能にしてしまうほどのバリエーションに富んだカラーなのです。
グレーで注目したいアイテムはアウターであるコーディガンやカーディガンです。
グレー独特のきれいさと美しさでコーディネートのエレガントさをプラス。
他のカラーにはない美しさ、大人っぽさをファッションに取り込んでくれるスペシャルカラーです。

また紫外線の残る初秋に活躍するカラーとしてネイビーが挙げられます。
夏が終わっても日差しが厳しい残暑の初秋にはネイビーが紫外線予防には効果的です。
紫外線を予防するカラーとしてブラック以上に効果があると実証されているカラーとしてここ数年で注目されているカラーです。
ブラックよりも明るく、ブラウンよりも濃い絶妙のポジションにあるカラーなので、淡色系と組み合わせることでより美しく映えるカラーでもあります。
組合せが他のカラーと比べて難しい傾向にありますが、グレーと組合せがしやすいカラーでもあるので、シーンに応じて使い分けをすることで違った印象を与えることができるカラーでもあります。

最後に、明るめのオレンジ、ブルー、レッド、イエロー等も差し色としてとても効果的です。明るめのカラーはワンポイントとして使うととても効果的です。
トップスやアウター、ボトムス等が暖色系で統一される傾向にあるため、ヘアアクセサリーとして取り入れたり、バッグ等に取り付けるキーホルダーにチョイスすることでファッション全体の差し色としての効果が期待できます。
全身の色合いとは違ったカラーを合わせることで上手にコーディネートをまとめることができるため、手軽におしゃれを演出したい場合にもってこいです。

暖色一辺倒ではなく上手に差し色を取り入れることでコーディネート全体にアクセントを。
秋ファッションは上手な差し色チョイスできれいに美しく、かっこかわいく仕上げていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です