秋に活躍するカーディガンコーデ!

秋ファッションの代表的なコーディネートの1つ、カーディガンコーデ。
オフィスはもちろん、学生の方でもカーディガンが活躍する季節です。
プライベートでも着回しができるカーディガンは上手に合わせることができれば非常に効果的に大人っぽさと落ち着いた印象を与えることができる老若男女問わずに通用するコーディネートです。

Tシャツやシャツ、ブラウス等、トップスを選ばずに合わせることができるため、夏の終わりあたりから非常に活躍するアイテムでもあります。
女性であれば、インナーをノースリーブにしてカーディガンを合わせることでセクシーさを演出することも1つ、大人なコーディネートとして非常にポイントが高いです。

目的に応じて表情を変えられる点も人気の高い理由の1つです。
カジュアルに見せたいとき、大人っぽさを演出したいとき、動きを見せたいときとさりげないおしゃれ感をプラスすることができるため、手持ちでない方は1着は持っておいた方がいいアイテムです。

また、温度調整の観点からも非常に効果が高いアイテムでもあります。
通常、トップスの上から羽織るタイプは着ていてコーディネートが完成する傾向にあります。
しかし、カーディガンは肩にかけることで知的さをアピールできたり、腰巻きすることで遊びを演出することができます。
暑くなったら腰巻き、寒いなと思ったら羽織るという着こなし方ができるため、1着で2つのコーディネートを同時に実現してくれるアイテムなのです。
今では夏の終わりから秋にかけての温度調整はビジネスシーンでも非常に重要になってきます。

オフィスの冷房が効きすぎていることを感じる頻度も夏に比べて多くなる傾向にあるため、ひざ掛けとして使ったり、羽織ったりすることでカゼを予防する効果もあります。

カジュアルな着こなしをしたい方はなるべく薄めの生地を選ぶといいでしょう。
オフィスや秋中旬頃までなら使えるタイプのものが多く、カジュアル感が非常に強くなるため、着ていてとても楽ですし、見た目に軽やかさをプラスすることができます。

カーディガンを中心にコーディネートを組み立てる場合はやや厚めの生地を選ぶことが大切です。秋中旬から冬にかけて使うことができるコーディネートと言えます。
腰巻きによる昼夜の変化をもたらすことでオシャレ度は上がりますが、しわには注意が必要です。

また、秋の終わりから冬にかけてはアウターとして活躍させることもできます。
カーディガンのアウターバージョン、コーディガンです。
カーディガン同様にカジュアルでラフなスタイルにはぴったりのアウターでカーディガンに比べて重たい印象を与えますが、他のアウターにはないシンプルさの中におしゃれ感が融合した新しいこのアウターは若い世代を中心に非常に人気の高いアイテムです。

アウターといえば、ブラックやダークブラウン、キャメル、ホワイト、パープル等のカラーやデニム系が中心ですが、コーディガンであれば、おしゃれカラーであるワインレッドやグレーもアウターに取り入れることができるため、他のアウターと差別化を図ることが出来る点もおしゃれアイテムとして注目されている理由の1つです。

ファッションアイテムといえば、いわゆる私服と呼ばれるプライベートで活用する場合を指すことが多いです。
しかし、カーディガンは職場や学校、プライベートとどんな場面にもマッチする特別な存在感を持っています。
カーディガンを上手にコーディネートすることができれば、ギャップもつけやすくなるため、おしゃれテクニックの1つとしてコーディネートに取り入れていきましょう。
生地の暑さ、カラーリング、他のアイテムとの合わせ方と豊富なバリエーションでカーディガンコーデを極めましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です